ブログ

【コラム介護施設の種類】最近話題の『サ高住』とは? ②

最近話題の『サ高住』とは? ②


ここ数年、有料老人ホームではなく『サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)』という住まいの形が注目を浴びています。
バリアフリー化された住まいの中で自由に生活をすることができるので、まだまだ元気なシニア層を中心に人気を集めています。
今回は有料老人ホームと比べて、費用や入居条件のハードルが低い!?『サ高住』について、今回は費用について詳しく解説していきます。


『サ高住』の費用について詳しく解説
『サ高住』の多くは、アパートやマンションを借りる時と同じ「賃貸借契約方式」をとっています。
老人ホームのように一時金の費用もかからないため、今お住まいのマンションからの引っ越しと、変わらない契約方法で入居することができます。
敷金、礼金は家賃の2~3か月分となっているところが多いようです。
万が一、月々の利用料が支払えなくなったときのために「保証金」がかかるところもあるようですが、毎月きちんと支払いがされていれば退去時に返還されるので安心です。
 
『サ高住』の月額基本料金ですが、家賃、管理費(共益費)、そして見守りや生活相談のサービスを受けられるので、常駐する職員の人件費や、施設の維持管理費などとして、「状況把握生活相談サービス費」という費用が含まれます。
 
『サ高住』の施設内で食事を提供してくれる場合においては、食費などがかかってきます。
食事提供を受けられる場合の多くは1日3食30日分の費用が提示されています。
最初の説明では基本的な利用料しか提示されていないこともあります。
介護度や住む場所、利用する介護サービスによって、毎月必要な費用は異なってくるので、内訳は必ず確認しましょう。
 
 
サ高住の入居条件について
『サ高住』への基本的な入居条件は60歳以上であることです。
健常者でも、介護が必要な方でも入居は可能です。
他にも、配偶者や60歳以上の親族、要介護認定を受けている方の親族も入居することができます。
 
老人ホームとは入居条件が異なるので、老々介護で老人ホームの利用を考えている方でも、入居条件さえクリアしていれば、夫婦一緒に入居することができます。
また、入居後に長期入院や身体の状態が悪くなったからといって退去を求められることはありません。
 
ただ、自立度が高い方の入居を受け入れているサ高住にお住まいの方が、月日が経って重度の認知症や、日常的に介護が必要になってしまった場合は、今までのサ高住の中で充分な対応が望めない場合もあります。
入居条件はクリアしていても、必要な介護サービスを受けるための費用が高額になってしまう場合もあるので、定期的な住まいの見直しや、ご自身の健康状態は常に把握しておくことも大切です。
サ高住と有料老人ホームってどこが違うの?
『サ高住』と有料老人ホームの大きな違いは、入居時のハードルと毎月かかる費用の低さ、そしてライフスタイルです。
『サ高住』は高額な入居一時金の必要はありませんが、サービス面においてもシンプルです。
日常生活において必要最低限のサービスに留めておくことで、高齢者であっても自立した生活を送ることができるのも、利用者にとって大きな違いです。
 
有料老人ホームとは違い、決まった時間に起きてレクリエーションをしたり、外出する時に届け出をしたりする必要もありません。(『サ高住』によっては、安全管理のために制限を設けているところもあります。)
また、外出や面会においても特別な届け出の必要はありません。
孫が一人で遊びに来ても届け出の必要がなく、自由に出入りすることができるので、気軽におじいちゃんやおばあちゃんに会いに来ることができるのは家族にとっても大きな違いの一つです。
 
アクティブなシニア層にとって、自分で生活をすることは何よりも大切です。
中にはカラオケや麻雀ルームなどの娯楽設備が整っている、共有スペースで定期的に催し物を行っている『サ高住』もあります。
住民同士がコミュニケーションをとる機会が増え、楽しい日常生活を送ることができます。
 
また、見守りについても常に監視されているような感覚がないのも違いの一つで、独立した居室の中でプライバシーも守られています。
 
 
まとめ

高齢者といっても、老人ホームには行きたくないという人もいます。
働きながら親の介護をする人もいます。
老々介護で大変な生活をしている人もいます。
そんな方々の受け皿になっているのが『サ高住』という住まいです。
『サ高住』は、見守られているという安心感の中で自由に暮らすことができる、安心で安全な暮らしのひとつと言えます。

 
メディプランの『サ高住』
今年、平成28年3月オープンした豊中のサ高住「ケア・キューブ豊中」は、寝屋川市・守口市・東大阪市、枚方市で合計6棟の施設を運営してきた弊社が手掛ける新しいタイプの『サ高住』です!

『サ高住』ですので、リーズナブルな価格で入居していただけるのはもちろんのこと、今までの運営のノウハウを活かした介護・医療の連携体制で、安心して生活していただけます。
また、枚方市印田町で好評いただいている、リハビリ特化型デイサービス『すぷらうつ』を1階に併設いたしました。
介護・医療に加え、介護予防にも着目した「リハケア・レジデンス」です。

「ケア・キューブ豊中」は阪急宝塚線「庄内」駅から徒歩3分!
ご家族の面会やお買い物に便利な立地で、納得のシニアライフを過ごしてみませんか?

▼ご見学予約・お問い合わせはコチラまで
TEL:06-6335-1780(担当:濱名)

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

株式会社メディプランへのお問い合わせ TEL.06-6231-0800 FAX.06-6231-0700 受付時間:平日9:00~17:00 メール・FAX24時間受付中
Page Top