ブログ

【コラム:介護施設の種類】介護サービスを自由に組み合わせ!住宅型有料老人ホーム

介護サービスを自由に組み合わせられる!住宅型有料老人ホーム
 
 
『そろそろ、自宅での一人暮らしが不安になってきた・・・でも、まだまだ自分で出来る事もあるしなぁ。』
『体調不良や突然の転倒など、何かあった時は心配だけど、あまり干渉されたくないなぁ。』
そんな風に考えていらっしゃる65歳以上の方も多いのではないでしょうか。
 
自立している方や、介護度が比較的軽度の方の場合、
入居施設の選択肢として「介護付き有料老人ホーム」はなんだか大げさな気がしますよね。
では、「住宅型有料老人ホーム」という種類の施設があるのはご存知ですか?
 
「住宅型有料老人ホーム」は、基本的には介護サービスがつかない代わりに
割安で利用できるため、人気がある施設です。
しかしどんな内容なのか、もし介護が必要になったらどうするのか、
不安になる方も多いのでは?
そこで今回は、「住宅型有料老人ホーム」について詳しく紹介していきます。

 住宅型有料老人ホームとは

「住宅型有料老人ホーム」は、健康な方や、自立した方、もしくは軽度の要介護者・要支援者を対象とした民間の高齢者介護施設です。
一般的な住宅に近い構造で、施設によっては居室にキッチンや浴室が備わっているところもあり、今までと同じように生活することができる点が特徴です。
また「住宅型有料老人ホーム」の中には、共同スペースが充実していたり、レクリエーションが豊富だったりする施設もあります。
 
ただし「住宅型有料老人ホーム」は基本的には介護サービスは提供されません。
そのため、介護サービスを受ける場合には、介護サービス事業者、例えば訪問介護ステーションや訪問看護ステーション、デイサービス等と契約をし、介護サービスを利用することになります。
介護度や必要な支援の量に応じて、必要なサービスを自分で選択・利用する仕組みです。
 
現在では、ほとんどの「住宅型有料老人ホーム」が、訪問介護ステーションや訪問看護ステーション、デイサービス等を併設、もしくは近隣で運営しているので、ワンストップで介護サービスが受けられる仕組みになっています。
希望する「住宅型有料老人ホーム」が、どこまでの介護サービスを提供しているか、また外部の介護サービス事業者を利用する場合、どのように連携を図るのかを確認してみましょう。
 
「住宅型有料老人ホーム」の居室は介護を前提とした作りになっているため、訪問介護のヘルパーさんなどを呼ぶ際にはスムーズにサービスを受けられるはずです。
しかし介護度が重度になると継続して生活するのが難しくなる場合もあります。もちろん、今までと変わらない介護を受けながらの生活が可能な「住宅型有料老人ホーム」もあります。
 
住宅型有料老人ホームの入居要件は施設によって異なり、要介護・要支援の認定を受けていないことを前提とする施設もあれば、既に要介護認定を受けていても入居できる施設もあります。


住宅型有料老人ホームに掛かる費用について

 住宅型有料老人ホームを利用するためには、初期費用である「入居一時金」と毎月かかる「月額利用料」の2種類が費用として必要になります。
 
入居一時金は、施設の立地や設備などによって大きく異なり、0円の場合もあれば数千万円かかる場合もあります。(現在は、そのほとんどが「敷金」として預かられる場合が多いです。)
 
月額利用料は、家賃や光熱費、管理費、食費、が主な内容です。
こちらも施設によって費用が大きく異なりますが、10万円~20万円ほどが相場でしょう。
「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の費用は最近ではほとんど差がありません。
 
ただし、介護サービスを受ける場合の費用は月額利用料に含まれないので注意しましょう。
介護保険には要介護度によって上限があり、要介護度が高くなるほど自己負担額も高くなります。
介護を受ける方の状態や受ける介護サービスによっては、「介護付き有料老人ホーム」を利用するよりも割高になってしまうこともあるでしょう。
そうならないためにも、事前にケアマネージャーや施設の相談員などに相談することが大切です。
 
 
 

住宅型有料老人ホームの施設サービスとは 

「住宅型有料老人ホーム」では、どんな施設サービスを受けられるのでしょうか?
「住宅型有料老人ホーム」の施設サービスは、「生活援助サービス」と「緊急時の対応」がメインとなります。
 
・生活援助サービス
食事の提供や、郵便物の取次、健康相談のサービスなど。
定期的に入居者と関わりを持ち、見守っていきます。
また、外部介護サービスの利用を考えている場合の相談や、紹介・仲介を行ったりもします。
 
・緊急時の対応
住宅型有料老人ホームは、医療機関と必ず連携しています。
入居者に何かあった時に、スタッフがすぐに医療機関や家族に連絡をするなどの対応を行います。
 
その他、住宅型有料老人ホームには、レクリエーションやイベントを行って楽しい時間を提供したり、入居者同士の親睦を深めたりする機会もあります。
どんな施設サービスが受けられるのか、事前によく確認すると良いでしょう。


 まとめ

自分で介護サービス事業者を選択できる』
『今までの生活スタイルを維持しやすい』
『ただし基本的には介護はつかない』など、
「住宅型有料老人ホーム」には様々な特徴があります。
利用の際には、今は健康でも先のことまで考え、利用できる外部サービスなども含めて検討しましょう。

また弊社は「住宅型有料老人ホーム」の運営を行なっています。
「住宅型有料老人ホーム」への入居を検討しているという方はお気軽にお問い合わせください。



住宅型有料老人ホーム「ケア・キューブ」についてはこちら↓
https://www.mediplan.jp/care/carecube/

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

株式会社メディプランへのお問い合わせ TEL.06-6231-0800 FAX.06-6231-0700 受付時間:平日9:00~17:00 メール・FAX24時間受付中
Page Top